普通の初心者用のFX投資の雑誌では「差損が生じた場面ではナンピン買いをして、ポジションの買い付け価格を下げる」等と助言されていると思いますが、現実にはそこにはかなりの落とし穴があると思います。

とりあえず、ナンピン買いのやり方について易しく記述します。

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。

ドル買いなので円安に動くほど儲けを得られますが、思っていたのとは逆に95円まで円高が進んでしまったとします。

そのまま持ち続けたとしたら、損がなくなるまでには、ドル安になった分ドル高に進む必要があります。

誰でも、マイナスはなるべく早くリカバリしたいと思います。

この状況を乗り切るためはじめに売り買いしたのと同じ額の$を、1ドル95円で買います。

そうすると、ポジションの平均のコストは1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

要するに、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、損失を回復できます。

これが、ナンピン買いの手法です。

このような、ナンピンの原理を耳にすると、「ごもっとも」という気分になるが、そう簡単に思い通りにはいきません。

初めから、1ドル=95円が底値だということなど誰一人として想像できません。

為替相場がかなりの円高基調だったら1ドル95円では収まらず、更に一段のドル安になるリスクがある。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル=95円まで円高になっとしたならばナンピンをしたポジションも損が生まれます。

こういう状態では一番初めにエントリーしたドルと同時に2倍のマイナスを被ることになる。

この通り、ナンピンは大変です。

それでは、為替相場があなたのストーリー展開とは反対の方向にさっと進んだ場合どんなやり方で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき選択肢は多くはありません。

最初のひとつは観念してポジションを閉じる事です。

別の方法としては今、あなたが持っている買いポジションを減らす事で、改めてマーケットが元のようになるのを待つ事です。

ちょっと消極的な手段だと感じる投資家もいるだろう。

だけど、買いポジションに差損が生まれた場合、最も正しいやり方はこの2つ以外には考えられない。

言うまでも無く、考え方としてはナンピンを入れるという方法も有効です。

だがしかしナンピン買いは、自身がマイナスになっている場面で、ポジションを減らすどころかそれとは反対にポジションを積み重ねていく手法です。

それでは、危険性を管理することなど、どこをどうやっても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続けられればいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

でも、それより先に投資資金が無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.rawlingbrothers.com All Rights Reserved.