よくある外為の書籍では「マイナスになった場面ではナンピン買いをすることでポジション全体の買い付けコストを小さくする」等と述べられていると思いますが、現実にはそこには目に見えない落とし穴があると思います。SR400 査定

まずは、ナンピン買いのロジックについて説明します。http://www.videovisionent.com/

仮定として100円で1ドルを買ったとします。投資信託選び

ドル買いですので円安ドル高になるほど利益が出ますが思い通りに行かず95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。外壁塗装 妊娠中

そのままポジションを維持し続けたら利益がでるためには、ドル安になった分円安ドル高に向わなければなりません。デスク 通販 安い

みんな、赤字は可能な限り早く回復したいと願うでしょう。お腹の脂肪をとる方法と運動!女性のサプリメントと筋トレ。器具マッサージや薬で男なら。

この状況を変えるため最初に売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を1ドル95円で買い増します。レヴィ ブラウン

これで、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くすることができる。若ハゲ 育毛シャンプー 効果

2円50銭の幅で円安ドル高に向えば、損を回復する事ができます。ワキガ消臭スプレー

こういったことがナンピン買いのロジックだ。徳島市 保育士求人

こういうふうに、ナンピンの方法を目にすると、「なるほど」という気分になるが為替はそう容易には問屋を卸しません。

そもそも、1ドル=95円が底だということなど、分かるはずがありません。

たとえば、外国為替市場が相当に強い円高ドル安の流れだとすると1ドル=95円では下げ止まることなくさらに一層円高に進む確率があります。

一例として、97.50円でナンピンをした時に、1ドル=95円まで円高ドル安になったらナンピン買いを入れた分についても赤字が生じてしまいます。

こういう状況では初めにエントリーしたドルとトータルでマイナスが生じます。

この通り、ナンピン買いは難しいのだ。

では、マーケットが自分自身のストーリー展開とは逆の方向にすぐに進んでしまった場合、どのようなやり方で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

そういう時には選べる手段は限られています。

まずはじめは潔く、損失を確定する事です。

別の方法としてはその段階で、自分か持っている買いポジションを縮小することによって、市場が戻るのを何もしないで待ち望む事だけです。

少し消極的な対策だと考える人もいます。

だがしかし、所有しているポジションに損が出た時、リスクが低い術はそれ以外には考えられません。

確かに、理屈の上では、ナンピン買いを入れるという対策もあると思います。

だがしかしナンピンは、自身が損をしている状態で、買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを増やしていく方法である。

この手法では、危機を削減することなど、どう考えても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続ける事ができればやがては利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、その前に資金がショートしてしまいます。

Copyright © 2002 www.rawlingbrothers.com All Rights Reserved.