クレカをショップにて利用する場合、誰しも思ったことがあると思うのだが、スタッフが不慣れなことでどちらのレシートを利用者の方へ渡すべきか迷う時がおありかと思います。というのは、クレジットを使うとマシンからは紙が発行されるためそれらのどの1枚をお客様のもとへ渡すのかわからないというケースがあるのです。利用明細について●これらの3組綴りの紙の説明とはどういうものかというのは、下記の通りとなります。1カード利用者へ渡すべき明細。2店舗控え用の明細。3カード会社保管用利用レシート(サインを書く紙)。通常であれば当然客に対して渡すレシートを渡されるはずなのですがたまに違うレシートを利用者の方にミスして渡すパターンの他、署名をした方の利用明細を渡してしまったという大きなミスすら見受けられるのです。特にアルバイトスタッフであるとか、あまりカードというものが利用されるケースの少ない店で使うとそういったスタッフの戸惑いを垣間見れるのではないでしょうか。仮に従業員が違う方の紙を提示してきた場面では冷静に「こちらじゃありませんよ」などと直してください。

Copyright © 2002 www.rawlingbrothers.com All Rights Reserved.